関係者各位へのお願い

                   

関係各位様

前略、皆様におかれましては、ますますご健勝のことと存じます。日頃は何かとお引き立てを賜り、大変ありがとうございます。また、今回の店舗、工場再建、復旧に際しては、大変なご協力、ご支援をいただき、御礼申し上げます。

さて、今般の新店舗及び工場再建は、国、熊本県のグループ補助金制度をいただいた上での、復旧であります。いわゆる、通常の自力復興とは意を異にする復旧であると考えれば、自力復旧の事業者、復旧を断念された、たくさんの事業者や将来の展望が未だ見えずに苦悩されている被災者の方を思えば、只々、喜んではいられない心境です。

被災地が復旧から復興に移ると様々な感情と思惑が錯綜し、それは個々の復興の差に対して現れると思います。内情はともかく、再建され、目に見えるものに対して著しくなります。再建された施設の背景に債務があることなどは見えないものです。報道機関が被災地の明るい話として伝えても、誤解の媒介者となることはあるかもしれません。場合によっては、誤解から思わない風評が生まれないとも限りません。私にとっては、単なる再建、復旧の始まりと捉えています。

ついては、お考えではないとは思いますが、復旧開店お祝いの品やご芳志は、一切辞退させていただきたく、お願い申し上げます。万が一、当方に何らかの行き違いで、届いた場合は、お返しせざるを得ません。大変、高慢な申し出と、お腹立ちかもしれませんが、今の熊本や私の現状をご理解いただき、ご了承ください。

 今後は地域の菓子屋として、皆様に愛される店になるように、また当店の経営理念「お菓子でコミュニケーションのおてつだい」が、できるように奮闘、努力いたします。

本来であれば、いちいち拝眉の上、お願いすべきところですが、ご多忙と推察して、書面にてのお願いをお許し下さい。

                                                                      草々

          2017年秋 御菓子司しぼりや 有限会社お菓子の岩原  代表取締役 岩原和哉 拝